Entries

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて一眼レフを購入する際に考慮する事。

 
ブロ友のmihoさんより、一眼レフの購入を考えてるのだけど、どんな事を事前に確認するべき?
とご質問を頂いて、ぜひブログで書いて下さいとの事だったので、今日は自分なりに思う
「初めて一眼レフを買う際に考慮する事」を書いてみたいと思います。

今日は先日撮った友人夫婦&ワンコの写真と一緒にお届けします♪

7973

●ミラーレスか一眼レフか

コンデジから一眼レフ購入を考える際、一眼レフ(デジタル)にするか、ミラーレスカメラ
にするか、まずここが最初の分岐点だと思います。ミラーレスはここ4、5年ほど前から出てきた
カメラの新しい形状。と言ってもその名の通りカメラの中に「反射させるミラーがない」ので、
コンデジのように電子ファインダーを通した映像を見ながらの撮影で、若干タイムラグが生じる為
すばやい動きの被写体を写すには一眼レフの方が勝っている模様です。

レンズの交換が出来、コンデジよりも一眼レフよりの描写をする事ができるのが特徴で、
位置的には「コンデジの最上位クラス」なのじゃないかと思います。

だけどなんと言ってもサイズが小さくて持ち運びに便利(SonyのαNEX等)、そして安価、
画素数だって一眼レフと変わらない。もし、一番重要視するポイントが「軽量・小さい」
であるならばミラーレスの方が良いと思います。

一眼レフは大きく重いので、「持ち運びに面倒、出し入れに面倒」で次第に
持ち歩く事がなくなり使わなくなった・・なんて話もよくあります。だけれどもやはり一眼レフの
描画力や、これからさらにステップアップしていくかも・・と考えるなら、一眼レフを購入
した方が良いのではないかと思います。

それでは次に、一眼レフを買うにあたって確認すべき点を上げてみたいと思います。

●どのメーカーがいいのか

これはもう、好みの問題なのでなんとも言えないのですが、値段と、スペックを確認した上で
「そのカメラで撮った写真」を見て、自分の撮りたいものが撮れているかどうか、
使っている人のレビューを読んで納得できるか、この先「このメーカーとずっと・・」と思えるか
どうかを考えてみて下さい。と言うのも、交換レンズには各メーカー異なったマウントタイプを
採用しているので、キャノンのこの本体でニコンのあのレンズを使いたいっと後で思っても
つけられないのです。

「そのカメラで撮った写真」は価格.comでカメラを選択すると「画像・動画」から写真が見られます。
またはPhotohitoでも見られます。

●何を撮りたいか

一眼レフを買うからには、この写真をこだわって撮りたい、と思う何らかの対象があると思う
のです。例えばペット、赤ちゃんや子供、風景、料理、花・・(私が女性なので女性よりの
被写体ばかりですね。。(^^;))

なぜ先にこれを考えるかと言うと、それによって選ぶカメラが変わってきます。

カメラ本体のスペックについて言えば、ペットや子供なら、予測不可能なすばやい動き=
「シャッタースピード」
の速い物を選びたいし、暗い室内でも明るく調節できる、「ISO感度
の高い物」
を選びたい。

もし対象物が物とか料理とか、風景とか、動きの無い(少ない)物であればシャッタースピードに
こだわることもないし、連射撮影が秒何コマ、なんてそんなに気にしなくて良いわけです。

例えばシャッタースピードですが、Canon EOS Kiss X6iが1/4000~30秒、Canon EOS 60D
1/8000~30秒なので、60Dの方が動いてる物を撮るには有利なわけです。ただしISOは60Dが
100~6400なのに対しkiss X6iは100~12800ですから、Kissの方が暗い場所では有利かな、
とか。(ISOはあげればあげるだけノイズが入るので、高ければ良いってものでもないのですが)

上二つには他にも「ペンタプリズム」と「ペンタミラー(ペンタダハミラー)」と異なる
ファインダー形式を使っていたりもするのでいちおうそこらへんもチェックしつつ、どっちが
いいかなぁと考えてみるわけです。ペンタプリズムとペンタミラーの違いwiki

※この2機種は単に例に挙げただけで特にオススメしているわけではありません、たまたま
価格帯が近かったので例にしてみました。

7974

●レンズキットかボディ単体か

さて、カメラ本体を決めた所で次に考えるのがレンズです。一眼レフにはボディ(カメラ本体)
の単体売りと、レンズがセットになったレンズキット販売があるけれど、私は始め何も考えずに
標準ズームレンズがついたレンズキットを買いました。が、標準レンズはあくまで「平凡」
あります。近距撮影も出来て、ズームすれば少し離れた物も取れて、きちんとボケるので、最初は
「わ~♪」って思いました。でもすぐにもっと良いレンズで撮りたくなります。

もっと明るくてボケも綺麗なレンズが欲しい!と思ってすぐに単焦点レンズを購入。
レンズには個々に明るさがあって、↓例えばこの商品、

EOS Kiss X6i EF-S18-135 IS STM レンズキット

にはEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMというレンズがついてきます。
18-135mmズームの、18mmの時はF値3.5、135mmの時はF値が5.6になるという意味です。
F値とは?wikiを参照してください。大まかに言うと、数値が低いほど「明るいレンズ」になります。

ちなみに上のレンズは結構暗いです。室内で動く対象物を撮るにはできるだけ窓際で撮るとか、
シャッタースピードを遅くするとか、ISOをあげるなどの工夫が要ります。ただしシャッター
スピードを遅くすれば動く対象物はブレますし、ISOをやたらめったらあげればノイズが目立つし、
そうなるとやはり明るいレンズが欲しくなるわけです。

暗い室内でも光を沢山取り込める、なるべく明るいレンズを選ぶのもレンズ選びのポイント。
私は単焦点レンズを購入した際にその明るさに感動して(F1.8でした)、標準でついてきた
ズームレンズをまったく使わなくなりましたので、一概に「とりあえずズームレンズキットを
買おう」とはオススメできません。むしろこの明るさを知っていたなら、ボディ単体と単焦点を
買っていたのに、、と悔やんだほど(^^;)

あ、でもこれを以前「一眼レフ買おうと思ってるけどどれがいい?」と友人に聞かれた時力説
しましたが彼女はやはりキットを買いました。私も初めての一眼を買う時、遊びに行っていた
フォトスタジオでカメラマンさんに「kissを買おうと思う」と言ったら「私だったらもう少しお金
出して7D買うわ」と言われたけど、やっぱり予算オーバーだったのでkissにしたんでした。
そして使っていくうちに「ああ、あのアドバイスは的確だったな」と思うわけです。

・・・そんなものですね(^^;)

これはキャノンのレンズ話ですが、同じキャノンでも「EF」レンズと、「EF-S」レンズが
あって、両方使えるカメラボディと、EFしか使えないカメラがあります。両方使えるのが
APS-C機、EFレンズしか使えないのがフルサイズ機、となっているのですがそこは「初めての
一眼レフに20万円ぐらい出しても良いよ♪」と言う人以外気にしなくていいかもしれません。

要はいつか本体をアップグレード(APS-Cからフルサイズに)する時に、EF-Sレンズは
使えなくなりますよ、という事なので頭の片隅に覚えておいても損はないと思います。(^^)

価格.comでのレンズ比較はこちら

7975

以上で初めての一眼レフ購入の際に考慮することはお終いです。
私があげた点以外にも確認した方が良いスペックもあるかと思うので、色々なサイトで調べた
上でこれだ!というカメラを選んでみてください(^^)

価格.comより、こんな読み物もありますので参考にどうぞ
No.045 初心者女性におすすめのデジタル一眼レフカメラ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

       

Appendix

プロフィール

アンディママ

Author:アンディママ
シーズー3ワン(アンディ、ジャクソン、ロビン)に私と夫・デビの2人と3匹家族です。

アンディ: オス 2008/1/6
おとなしい・頑固・なでなで好き・アウトドア派・人好き・犬好き・ジャクソン&ロビン想い

ジャクソン: オス 2008/11/15
無邪気・子供っぽい・食いしん坊・フリスビー大好き・インドア派・人大好き

ロビン: メス 2010/6/26
ジャンプ好き・フェッチが得意・超食いしん坊・怖がり・アウトドア派・犬&人が苦手・アンジャク大好き

デビパパ:
読書・ゲーム・水泳・スキューバダイビングをこよなく愛すバハマ育ちのアメリカ人。

ママ:
写真撮影・インテリア・旅行・料理・動物が大好き。アンディの涙焼け対策の為2009年より手作りフードを作っています。
2010年から、自宅スタジオなどでポートレート撮影の活動をしています。

写真関係

2011年Green Dogさん写真展で社長賞をいただきました♪

我が家の3ワンズ




カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。