Entries

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C3417]

手術だったのですね。
驚きました!
無事に終えたようで安心しました。

うのままもウノ君の去勢の手術に対して
悩んでいました。
うのままは麻酔のリスクをとても心配して
たのですよ。
率は少ないようですが、アレルギー反応を
起こす子や呼吸器や心拍の異常等起きる場合もと
聞いていたので。。。

でも今は手術をして良かったなと思えます。

移動式獣医さんで手術も執り行えるのですか。
数日後の術後の診察も移動式獣医さんですか?
それともかかりつけの獣医さん?
かかりつけの獣医さんがトレーラーになったと
理解すればいいのかな?
不思議な感覚がします。
ところ変わればですね。

アンディくんにロビンちゃん、お大事にね!

[C3418]

アンディママ一家、お疲れさまでした!!アンディ君もロビちゃんも、麻酔、緊張、術後の痛みなんかで疲れていると思うけど、きっとすぐよくなるよ、ゆっくり休んでね。

我が家のバンビポニーもロビちゃんと同じくらいのときにオペしたの。ヒートが来る前と来た後だとまた病気の確立も違うって聞いたから・・。小さいほどヒートがくるのも早いものね。サイトハウンドは麻酔に弱いって聞いていたし、本にもそう載っているし、主治医もそう言っていたから緊張したのを覚えているよ。先生は、サイトハウンドの麻酔の経験かなりあるって言っていたし、お任せして良かったと今は思っているよ。

アンディママ達の行ったところのスタッフや先生、真摯な気持ちで動物の幸せのためにいろいろ伝えてくれるの、すばらしいね。
  • 2011-02-18 06:56
  • ぐりーん
  • URL
  • 編集

[C3419] うのままさんへ

そうなんです、アンディの事は考えていたものの突然する形になってしまいました。
手術はして良かった反面、やっぱりアンディの子供が欲しいという気持ちもあったりします。v-390
でも病気になりにくいならやっぱり良かったんですよね。

麻酔のリスクを心配する方はたくさんいらっしゃいますよね。
私は結構そこらへん能天気で…まさかうちの子は大丈夫だろうと勝手にプラス
思考だったりします(^^;)
ただ今回は年齢とともに手術後の回復とか色々リスクがあがるんだって身をもって実感しました。
この先老犬になっても、できれば病気をしないで健康でいて欲しいものですね。

術後の診断などはかかりつけのお医者さんに行く予定です。かかりつけのお医者さんが
手術を行っていない所なので、他の手術ができる施設を教えてくれたんです(^^)

この団体は寄付とスポンサーによって成り立っている、主に虚勢と避妊手術を専門で
行う団体のようで、手術は資格を持った医師たちが行うボランティアのようです。
なので普通の動物病院とは違うかな?

今回私も始めてこのようなボランティアがあると知ったのですが、イギリスも動物愛護が
盛んだろうし、もしかしたらイギリスにもありそうな気がします☆

[C3420] ぐりーんちゃまへ

どうもありがとう!(^^)
去勢・避妊手術って若いときにすればそんなにたいしたことないかもしれないけど、
今回のアンディには心配しちゃった。
ジャクソンの時と全然違って「重態患者」みたいだったんだもの。。
3歳でこれなんだもん、老犬になってから手術なんてすることになったらもの
すごく体力消耗するし、体が持つのかって心配だよね。

バンポニちゃん達は麻酔に弱いんだ?それはすごく心配だっただろうね。。
犬種によっても麻酔に強い、弱いってあるんだね。
経験をつんだ獣医さんに会えてよかったね(^^)
私が昨日入った所も、良かったよ。やっぱり動物を愛してる人たちに任せたいもんね☆
  • 2011-02-18 10:59
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C3421]

ロビンちゃん、アンディ君、お疲れ様です☆

アンディ君も去勢することにされたのですね。
去勢手術や避妊手術で「性格が変わる」ということは無いと言われています。性格が変わるのではなく、性に関する(メスを巡って)ストレスが無くなる事が多いので、その点で争いを避ける事ができる、またヒート中のメスが近くにいても興味を失えばストレスが無くなる、これは「性格」そのものとは違う部分だと言われています。
なので、きっとアンディ君、今まで通りアンディママさんの大好きなアンディ君の性格で居続けるのではないかしら?なんて。どんな子でもかわいいわが子でしょうけど。

去勢手術は日本でも日帰りの所が多いようですが、避妊でも日帰りできたんですね!
でも、やっぱり麻酔が醒めるまでもうちょっと時間がかかるのかな、、、
うちのポンコンが去勢手術をする際に、獣医5、6件電話をかけましたが、どこも1泊~2泊入院と言われました。
結局1泊させたので、迎えに行った時は暇を持て余して、元気満開でした。笑)

[C3422] 懐かしい~*

Rossyの去勢手術の時を思い出しました。私もアンディママと同じ理由・思いでした。オペするに当たって麻酔の事とかオペしたらどうなるとか、こうなるとか、何回か獣医さんに聞きに行きました。私も麻酔の事はあまり気にならなかったとゆうか麻酔の方法とか聞いて安心出来ました。

性格は基本変わらないとお聞きしました。

とても上手にオペして頂いたおかげで、その後も獣医さんを怖がりもしなかったです。(他の子は怖がる様になるみたいです)ただ…オペが終わり迎えに行った時にエリザベスカラー着けられて連れてこられた時泣きそうになりました。

実は今でも去勢して良かったのか悪かったのか…比べる事も出来ず…わからないのです…シニアクラスに入ったら特にホルモンバランスの事とか考えたり、性格も同じなら去勢しなくても問題無かったのでは?とか…ホルモンの崩れって事の方が重要だし…Rossyにずーっと謝ってました。何も悪い事して無いのに痛い事してしまった×××でも飼い主さんが決める事ですもんね!アンディママ・アンロビたんお疲れ様です☆アンディ怖かったんだね…私も涙が出てくるのです*

[C3423]

PUAの手術の日を思い出しました。
迎えに行った時冷たい手がぎゅっと私の手をつかんで、
肩に顎をのせてぐったり・・・ きゅんとなりました。 
3日くらいちょっとしんどそうでしたよ。。。
カラーはしんどそうなので舐めない様に服を作って着せて。
辛い1日ですよね。
家族でがんばったんだね~♪
えらい!
1日も早くアンディ君とロビンちゃんの元気が復活しますように。

[C3424]

アンディ君一晩寝て元気戻っていますか?
男の子はお腹を切らないので日本でも日帰りもあるようですけど、、
でもそんなに痛がるのは心配ですね。

ロビンちゃんは小さいから結構まだ痛みを感じないのかも。。
あんちゃんは今では注射打つ前から悲鳴をあげますけど、ベビーの頃は注射されても何?って感じだったらしいです。

ロビンちゃん
アンディくん
はやく元気になりますように~★
  • 2011-02-19 01:00
  • あんちゃんママ
  • URL
  • 編集

[C3425] 鍋コ。さんへ

ありがとうございます☆そうなんですね、性格は変わらないんですね~。
病気も防げてストレスも除去できるなら、本当手術して良かったです。
もちろんどんなコでも可愛いわが子なんですけどね(^^)

ほぉ~、所変わればシステムも違うんですね。今回も日帰りだったし
ジャクソンも日帰りだったし、アメリカは日帰りも多いんじゃないかな?
何せ人間の出産でも次の日に帰るくらいだから(^^;)

確かに、若い時にしたら次の日は元気いっぱいもう回復してますよね♪
アンディも初日はびっくりなくらいぐったりでしたが、次の日は普通でした(^^)
  • 2011-02-19 10:51
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C3426] Rossy momさんへ

Rossyちゃんは子供の頃にしたのかな、懐かしい思い出ですね☆
そうなんですよね、麻酔の方法とか私も調べてたからあんまり心配していませんでした。

Rossyちゃんはいいお医者さんにめぐり合えたんですね~(^^)
うちはアンディがもうすでに医者へ行くとうなる、噛むというのが毎度の事で…(ーー;)
噛んだ事はないけど、噛み付く勢いなのでいつもマズルコントロール着用です。
ロビンちゃんは久々の医者だった為か、普段怖がりなので医者でも怖がってたみたいで、
レポートにそう書かれていました。(ーー;)

去勢の賛成・反対には私もどっちがいいのかわかりませんね。。
自然な事を手術でなくしてしまうわけだし。。でも、人間と暮らしてること自体自然じゃないわけだし。。
これからも健康で長生き&幸せであればいいのかな…なんて思います(^^)
Rossy momさんが同じお気持ちだったこと、とても嬉しく思いました☆
  • 2011-02-19 11:05
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C3427] まいうみさんへ

PUAちゃん、手を握ってきたのですね、感動…(><)
ぐったりした小さい体に、よけい「私が守ってあげる!」って
気持ちが強くなりますよね。
3日間辛そうだったとなると、余計心配ですね。
ロビンちゃんはもう回復したようで、ジャンプしようとするので
やめさせてる所です(^^;)
早く傷口がふさがって走り回れる生活に戻ればいいな♪
  • 2011-02-19 11:11
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C3428] あんちゃんママさんへ

おかげさまで2日後の今日はふたりともすっかりよくなりました(^^)
アンディにはカラーをしてるので動き辛いからあまり動いていませんが、
もう痛そうにはしてないので安心しました。

そうそう、小さい頃は注射も平気なんですよね。ロビンちゃんはまだ
注射も平気だけど、アンディなんてもうお医者さん事態大嫌いだと思います(^^;)

早く傷口がふさがって走り回れるようになればいいな♪
  • 2011-02-19 11:16
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fluffyshihtzu.blog123.fc2.com/tb.php/401-c2f2aa61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンディとロビンちゃん、手術。

 
はじめに、今回は長い文章です。



昨日急にアンディとロビンちゃんの去勢&避妊手術をすることになりました。
ロビンちゃんだけは必ず避妊手術をするつもりで(今ロビンちゃんは約7ヶ月)そろそろ手術をと考えてたんです。
※ちなみにジャクソンが去勢した時は生後約5ヶ月ちょっとでした。

近所に獣医さんはいくつかあるので、どこがいいか検討していた所、近くにあるペットショップに時々
定期的にくる移動式獣医さんがあるとの事。次は3月にくると聞いていたけど、思いがけずおととい
「明日来るから今予約できるけどどうする?」との情報が入ったので、予約をしました。




当日、アンディとロビンちゃんは朝6時半にデビと一緒に職場に行き8時半に病院へ。
ジャクソンは一人で取られる心配がないからか、朝ごはんを遊びながらゆ~っくり食べてました。

AM 8:30-ジャクソン朝ごはん
6369

なぜ、アンディも去勢することにしたのかって。
一番は病気予防です。去勢することによって、前立腺の病気、精巣・肛門周辺の腫瘍などの病気を防ぐ為。
それと、この先去勢済みの方が色々な場で過ごしやすいのかなと思ったからもあります。

NCに住んでいた時はなかったけど、ここではどこのドッグパークでも「去勢&避妊済みのみ」の条件があります。
少し調べた所、こういうドッグパークは結構多いようで、特に都市に行けば行くほど多いのかなと思います。

PM 1:00-ドッグシッターのワンコと2時間一緒にお散歩して帰ってブラッシングした後寝てるジャクソン
6370

でも…アンディを去勢するのはためらってたんです。去勢したらアンディが変わってしまうかも?
今のまんまのアンディが大好きなんです。未去勢特有の行動も、性格も、時々気性の荒い所も。。。

それに去勢したら二度と、アンディのDNAを残せないんだって思って。悲しい話、後十数年したらきっと
最後の時を迎えるだろうけど、もしアンディの子供がいたとしたら、アンディを残せるようなそんな気持ちが
あったんです。例えば臓器移植してその個人は亡くなっても、他の誰かで行き続けてるようなそんな気持ち。
実際は臓器移植とは全然違うけど、それに生まれた赤ちゃんはアンディではないけれど。

単純に、アンディを失うのが怖くて怖くて。
でも、アンディの子供を残すより病気を防いでアンディを長生きさせられた方が良いって思えるようになった
んです。それに、必ずたった1匹生まれてくるなら面倒みられるけど、何匹も生まれてくるわけだし全員
面倒見られないのに子供を作るのは無責任だと思うし。
(ちゃんと引き取り先を確保できるのならOKだけど、私達はここでそれはできないと思うので)

今、朝なのにこれを書いていて考えてたら涙がでてきちゃいました(笑)
という訳でアンディを去勢するにあたって葛藤してた私の気持ちはこんな感じです。

PM 5:00-デビとアンロビを迎えに行ったところ
6371

ペットショップの駐車場に止めてあったこのトラックにアンロビちゃんがいます。
みんな5時に迎えにくる予定となってたようで、待ってる人たちが約20人ほどいました。この獣医さんは
手数料や儲けの為の利益なしで去勢・避妊手術を行っている非営利団体です。そのため金額は安く、アンディ
達のサイズだと一人90ドル。(去勢・避妊どちらとも)

デビが預けた際には、スタッフの方にパピーミルの話やペットショップから買わないように薦められたそうで
とても感じの良い団体さんでした。少しだけで恥ずかしいけれど、寄付もさせてもらいました。少しでも
団体さんのお役に立てますように。。


同時刻-アンディを連れて帰るところ
6372

麻酔の為舌が出たままになってます。そうそう、手術の際は全身麻酔ですが、これに関しては全く心配して
なかったんです。失敗するなんてまさか無いだろうって思ってました。そして実際に失敗もなくふたりとも
無事です。でも、アンディは車の中でも家に帰ってからもしばらくは震えていました。

ロビンちゃんは声を発したいけど口が開かないのか、キュン。キュン。と時々言ってました。

PM 5:30-ふたりとも歩けず、ぐったりした様子
6373

ロビンちゃんはまだ若いからか、回復が早そうな雰囲気でした。でも一番手術後元気だったのはジャクソン。
帰ってきてすぐアンディと遊ぼうとしたくらい、元気だったんです(笑)

心配なのはアンディ、歩けないし持ち上げようとするとキャンキャン痛がって無くし。。
アンディは今3歳でまだ若いけど、歳があがるほどダメージも大きくて手術も麻酔も怖いものなんだって
初めて知りました。

2時間後、ロビンちゃんは私の手のひらに乗せたご飯を食べて、ボールの水も少し飲み、外へ抱っこして
連れて行っておしっこもしました。

アンディはご飯も食べず水も飲まずだったんだけど、途中ハァハァ暑そうにするので、キッチンペーパーに
水を含ませて口をあけて飲ませました。そしたらハァハァもなくなって落ち着いたみたい。
それに寝返りもうてないようでクーンクーン言うので、いつものように仰向けに寝かせてあげたりして、
介護ってこんな感じかなぁ…と思ったりしました。

PM 8:00-今日は動かすのもかわいそうなのでこのまま隣で一緒に寝ます。
6374

こんな感じで終わったアンディとロビンちゃんの手術なのでした。
又明日経過を書きたいと思います。


ぽちっと一押しお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へにほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

コメント

[C3417]

手術だったのですね。
驚きました!
無事に終えたようで安心しました。

うのままもウノ君の去勢の手術に対して
悩んでいました。
うのままは麻酔のリスクをとても心配して
たのですよ。
率は少ないようですが、アレルギー反応を
起こす子や呼吸器や心拍の異常等起きる場合もと
聞いていたので。。。

でも今は手術をして良かったなと思えます。

移動式獣医さんで手術も執り行えるのですか。
数日後の術後の診察も移動式獣医さんですか?
それともかかりつけの獣医さん?
かかりつけの獣医さんがトレーラーになったと
理解すればいいのかな?
不思議な感覚がします。
ところ変わればですね。

アンディくんにロビンちゃん、お大事にね!

[C3418]

アンディママ一家、お疲れさまでした!!アンディ君もロビちゃんも、麻酔、緊張、術後の痛みなんかで疲れていると思うけど、きっとすぐよくなるよ、ゆっくり休んでね。

我が家のバンビポニーもロビちゃんと同じくらいのときにオペしたの。ヒートが来る前と来た後だとまた病気の確立も違うって聞いたから・・。小さいほどヒートがくるのも早いものね。サイトハウンドは麻酔に弱いって聞いていたし、本にもそう載っているし、主治医もそう言っていたから緊張したのを覚えているよ。先生は、サイトハウンドの麻酔の経験かなりあるって言っていたし、お任せして良かったと今は思っているよ。

アンディママ達の行ったところのスタッフや先生、真摯な気持ちで動物の幸せのためにいろいろ伝えてくれるの、すばらしいね。
  • 2011-02-18 06:56
  • ぐりーん
  • URL
  • 編集

[C3419] うのままさんへ

そうなんです、アンディの事は考えていたものの突然する形になってしまいました。
手術はして良かった反面、やっぱりアンディの子供が欲しいという気持ちもあったりします。v-390
でも病気になりにくいならやっぱり良かったんですよね。

麻酔のリスクを心配する方はたくさんいらっしゃいますよね。
私は結構そこらへん能天気で…まさかうちの子は大丈夫だろうと勝手にプラス
思考だったりします(^^;)
ただ今回は年齢とともに手術後の回復とか色々リスクがあがるんだって身をもって実感しました。
この先老犬になっても、できれば病気をしないで健康でいて欲しいものですね。

術後の診断などはかかりつけのお医者さんに行く予定です。かかりつけのお医者さんが
手術を行っていない所なので、他の手術ができる施設を教えてくれたんです(^^)

この団体は寄付とスポンサーによって成り立っている、主に虚勢と避妊手術を専門で
行う団体のようで、手術は資格を持った医師たちが行うボランティアのようです。
なので普通の動物病院とは違うかな?

今回私も始めてこのようなボランティアがあると知ったのですが、イギリスも動物愛護が
盛んだろうし、もしかしたらイギリスにもありそうな気がします☆

[C3420] ぐりーんちゃまへ

どうもありがとう!(^^)
去勢・避妊手術って若いときにすればそんなにたいしたことないかもしれないけど、
今回のアンディには心配しちゃった。
ジャクソンの時と全然違って「重態患者」みたいだったんだもの。。
3歳でこれなんだもん、老犬になってから手術なんてすることになったらもの
すごく体力消耗するし、体が持つのかって心配だよね。

バンポニちゃん達は麻酔に弱いんだ?それはすごく心配だっただろうね。。
犬種によっても麻酔に強い、弱いってあるんだね。
経験をつんだ獣医さんに会えてよかったね(^^)
私が昨日入った所も、良かったよ。やっぱり動物を愛してる人たちに任せたいもんね☆
  • 2011-02-18 10:59
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C3421]

ロビンちゃん、アンディ君、お疲れ様です☆

アンディ君も去勢することにされたのですね。
去勢手術や避妊手術で「性格が変わる」ということは無いと言われています。性格が変わるのではなく、性に関する(メスを巡って)ストレスが無くなる事が多いので、その点で争いを避ける事ができる、またヒート中のメスが近くにいても興味を失えばストレスが無くなる、これは「性格」そのものとは違う部分だと言われています。
なので、きっとアンディ君、今まで通りアンディママさんの大好きなアンディ君の性格で居続けるのではないかしら?なんて。どんな子でもかわいいわが子でしょうけど。

去勢手術は日本でも日帰りの所が多いようですが、避妊でも日帰りできたんですね!
でも、やっぱり麻酔が醒めるまでもうちょっと時間がかかるのかな、、、
うちのポンコンが去勢手術をする際に、獣医5、6件電話をかけましたが、どこも1泊~2泊入院と言われました。
結局1泊させたので、迎えに行った時は暇を持て余して、元気満開でした。笑)

[C3422] 懐かしい~*

Rossyの去勢手術の時を思い出しました。私もアンディママと同じ理由・思いでした。オペするに当たって麻酔の事とかオペしたらどうなるとか、こうなるとか、何回か獣医さんに聞きに行きました。私も麻酔の事はあまり気にならなかったとゆうか麻酔の方法とか聞いて安心出来ました。

性格は基本変わらないとお聞きしました。

とても上手にオペして頂いたおかげで、その後も獣医さんを怖がりもしなかったです。(他の子は怖がる様になるみたいです)ただ…オペが終わり迎えに行った時にエリザベスカラー着けられて連れてこられた時泣きそうになりました。

実は今でも去勢して良かったのか悪かったのか…比べる事も出来ず…わからないのです…シニアクラスに入ったら特にホルモンバランスの事とか考えたり、性格も同じなら去勢しなくても問題無かったのでは?とか…ホルモンの崩れって事の方が重要だし…Rossyにずーっと謝ってました。何も悪い事して無いのに痛い事してしまった×××でも飼い主さんが決める事ですもんね!アンディママ・アンロビたんお疲れ様です☆アンディ怖かったんだね…私も涙が出てくるのです*

[C3423]

PUAの手術の日を思い出しました。
迎えに行った時冷たい手がぎゅっと私の手をつかんで、
肩に顎をのせてぐったり・・・ きゅんとなりました。 
3日くらいちょっとしんどそうでしたよ。。。
カラーはしんどそうなので舐めない様に服を作って着せて。
辛い1日ですよね。
家族でがんばったんだね~♪
えらい!
1日も早くアンディ君とロビンちゃんの元気が復活しますように。

[C3424]

アンディ君一晩寝て元気戻っていますか?
男の子はお腹を切らないので日本でも日帰りもあるようですけど、、
でもそんなに痛がるのは心配ですね。

ロビンちゃんは小さいから結構まだ痛みを感じないのかも。。
あんちゃんは今では注射打つ前から悲鳴をあげますけど、ベビーの頃は注射されても何?って感じだったらしいです。

ロビンちゃん
アンディくん
はやく元気になりますように~★
  • 2011-02-19 01:00
  • あんちゃんママ
  • URL
  • 編集

[C3425] 鍋コ。さんへ

ありがとうございます☆そうなんですね、性格は変わらないんですね~。
病気も防げてストレスも除去できるなら、本当手術して良かったです。
もちろんどんなコでも可愛いわが子なんですけどね(^^)

ほぉ~、所変わればシステムも違うんですね。今回も日帰りだったし
ジャクソンも日帰りだったし、アメリカは日帰りも多いんじゃないかな?
何せ人間の出産でも次の日に帰るくらいだから(^^;)

確かに、若い時にしたら次の日は元気いっぱいもう回復してますよね♪
アンディも初日はびっくりなくらいぐったりでしたが、次の日は普通でした(^^)
  • 2011-02-19 10:51
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C3426] Rossy momさんへ

Rossyちゃんは子供の頃にしたのかな、懐かしい思い出ですね☆
そうなんですよね、麻酔の方法とか私も調べてたからあんまり心配していませんでした。

Rossyちゃんはいいお医者さんにめぐり合えたんですね~(^^)
うちはアンディがもうすでに医者へ行くとうなる、噛むというのが毎度の事で…(ーー;)
噛んだ事はないけど、噛み付く勢いなのでいつもマズルコントロール着用です。
ロビンちゃんは久々の医者だった為か、普段怖がりなので医者でも怖がってたみたいで、
レポートにそう書かれていました。(ーー;)

去勢の賛成・反対には私もどっちがいいのかわかりませんね。。
自然な事を手術でなくしてしまうわけだし。。でも、人間と暮らしてること自体自然じゃないわけだし。。
これからも健康で長生き&幸せであればいいのかな…なんて思います(^^)
Rossy momさんが同じお気持ちだったこと、とても嬉しく思いました☆
  • 2011-02-19 11:05
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C3427] まいうみさんへ

PUAちゃん、手を握ってきたのですね、感動…(><)
ぐったりした小さい体に、よけい「私が守ってあげる!」って
気持ちが強くなりますよね。
3日間辛そうだったとなると、余計心配ですね。
ロビンちゃんはもう回復したようで、ジャンプしようとするので
やめさせてる所です(^^;)
早く傷口がふさがって走り回れる生活に戻ればいいな♪
  • 2011-02-19 11:11
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C3428] あんちゃんママさんへ

おかげさまで2日後の今日はふたりともすっかりよくなりました(^^)
アンディにはカラーをしてるので動き辛いからあまり動いていませんが、
もう痛そうにはしてないので安心しました。

そうそう、小さい頃は注射も平気なんですよね。ロビンちゃんはまだ
注射も平気だけど、アンディなんてもうお医者さん事態大嫌いだと思います(^^;)

早く傷口がふさがって走り回れるようになればいいな♪
  • 2011-02-19 11:16
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fluffyshihtzu.blog123.fc2.com/tb.php/401-c2f2aa61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

       

Appendix

プロフィール

アンディママ

Author:アンディママ
シーズー3ワン(アンディ、ジャクソン、ロビン)に私と夫・デビの2人と3匹家族です。

アンディ: オス 2008/1/6
おとなしい・頑固・なでなで好き・アウトドア派・人好き・犬好き・ジャクソン&ロビン想い

ジャクソン: オス 2008/11/15
無邪気・子供っぽい・食いしん坊・フリスビー大好き・インドア派・人大好き

ロビン: メス 2010/6/26
ジャンプ好き・フェッチが得意・超食いしん坊・怖がり・アウトドア派・犬&人が苦手・アンジャク大好き

デビパパ:
読書・ゲーム・水泳・スキューバダイビングをこよなく愛すバハマ育ちのアメリカ人。

ママ:
写真撮影・インテリア・旅行・料理・動物が大好き。アンディの涙焼け対策の為2009年より手作りフードを作っています。
2010年から、自宅スタジオなどでポートレート撮影の活動をしています。

写真関係

2011年Green Dogさん写真展で社長賞をいただきました♪

我が家の3ワンズ




カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。