Entries

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C2752] 初めまして

ブログ村からやって参りました。
現在、我が家のシーズーゆめが癌闘病中のため、ブログを記録代わりにつけています。

私はトリマーで、我が家にも2頭ショー用の子がおります。

人間が定めた規定のために犠牲になる子がいること、同じ世界にいてもよく考えさせられますが…

スタンダード(人間が定めた規定)がなければ、そもそもシーズー等の純血種は存在せず、今よりもっとでたらめな繁殖で、見た目だけではない、健康被害を被った子も増えていくのではないかと思います。

中にはスタンダードから外れてしまった子を、処分するブリーダーもいますが、それは昔の話になりつつある、と思います。

犬としての楽しみ…これは我が子を見て思うこと。
我が子は、順番争いをするほどお手入れが好きで、いろんな方にちやほやされる(笑)ショーが大好きです。
普段は体を作るため、広い場所で走って遊びもします。

私もこの世界に入るまで、ショードッグがかわいそうに見える時もありましたが、 我が子をみてるとそんな気持ちがなくなりました☆
初めてで、長文失礼しました<(_ _;)>

[C2753] tommyさんへ

初めまして、コメントありがとうございます(*^^*)
tommyさんちのゆめちゃんは癌闘病中なのですね。
病と闘うのは本当に大変ですよね…手術等で直るのでしょうか…
無事よくなりますように!

そうなんですよね、繁殖するのにある程度基準がないと、又新たな病気を
生み出したりどんどん別の特性がみられたりして、医療も追いつかないことと思います。
生き物の命を作り出す事、管理する事は難しいです。

tommyさんちのワンちゃん達もグルームが好きなんですね♪
うちもみんな大好きで、ジャクソンは順番が来るのを足元でジーっと待っています(^^)

ワンちゃん達、いっぱいお外で走り回れて幸せですね☆tommyさんが参加されてる
ドックショーもきっと良い場所なんだと思いますv-352

私ももっともっと犬の気持ちに耳を傾けて、毎日毎日を楽しく過ごさせてあげたいです(^^)
良かったら又遊びに来てくださいね♪
  • 2010-11-26 12:05
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C2754]

ブリーダーの世界って奥深いですよね(ドッグショーも)
彼らはスタンダードと言われる物を守って行かないといけないし(だけど、日本や北米の、例えば断尾や断耳でスタンダードを守るのはおかしいと思うんですけどね。整形手術ですもの。)
スタンダード云々、例えば遺伝疾患を持つ子の子孫を作らないとか犬達の健康を考えての事だと思うんですけど、ほとんどの単なるペットとしての愛犬家は差ほど見た目は気にしないと思うんですよね…。
だけどブリーダーにとって犬達の健康と美しさも第一でしょうから、普通の愛犬家とはまた違う思いでいるのだと思いますが、やはり「処分」は聞き捨てならないですよね…。
生まれてきた子供を、例えその子が売れなくとも一生犬舎で面倒を見る!と断言しているブリーダーさんとお付き合いしたいものです。。。

アンディママさんの考え方が好きです。ジャクソン君はママさんにグルーミングをしてもらっているからまずグルーミングでストレスを感じてはいないですよね。
そしてきれいになると皆が褒めてくれる=ジャクソン君も嬉しい。
だけど、「あーあーきれいな被毛がーぁ!」と言って泥んこ遊びとか、散歩とかレスリングを止めさせない⇒ここが素敵です。
ジャクソン君、きれいに被毛伸びてますね☆応援してまーす!私もロングコートのジャクソン君を見たいです!

[C2755]

きっと同じ番組だと思います、うのままも見ました。
綺麗の基準がかなりずれているんですよね。。。
健康のことを第一にきちんと繁殖しているブリーダーもいるのに、ショーで優勝するのは変な歩き方(骨格の悪い)の犬だったり。。。
イギリスで社会問題として扱われたので、クラフツのスポンサーもどんどん降り、テレビでもBBCでは放送されず、マイナーな局に替わっていました。

イメージがかなり落ちたので、現在、健康を重視したブリーダーからの犬をショーに出すようにしたり、ショーにも獣医さんを招きいれ、骨格などが異常な犬が
参加していないかチェックしたりして、イメージアップに努めているようです。

知ることって大切ですよね。
みんなが知れば、状況は改善されていくわけだから。

フルコートに賛否両論があるんですね。
思いっきり遊ばせてあげて、お手入れもしてあげていれば問題無しですよ!!

ショーに出ているようなカットで思いっきり遊んでいる姿って最高じゃないですか?!

[C2756] 鍋コ。さんへ

本当ですよね。ブリーダーの世界も、ドッグショーの世界も、ペット業界も。
どこにでも良い部分・悲しい部分とあって、人の考えも様々なんだと思います。
だから、彼らを全て否定するつもりもなく、又悪い部分には目を背けず知って行きたい・・・
そんな感じに思っています。

断尾や断耳はおかしいですよね。昔は必要があったかもしれない、けど今はまったく
必要ないならそんなことは即刻やめるべき。それこそもし「見た目が良い」だけの問題で
してるのなら、そんな悲しい思考の人間がいる事が私は悲しいです。

生まれた命を全て大切に扱うブリーダーさんも中にはたくさんいると思いますが、
やはりビジネスが絡むと厳しいこともあるのでしょう。。。だからと言って命を粗末に
していいわけではないですが、、、難しいです。

ありがとうございます!そう言っていただけるととても嬉しいです(*^^*)
ジャクソンは特にグルーミングが大好きで、私がブラシを持って床に座ると必ずひざの
上に乗ってきます♪

泥んこ遊びや散歩やレスリングをやめさせちゃったら、ジャクソンは何の為に生きてるの?
って感じです。よく、犬が悪いことした、壊した、かじったなんて怒るオーナーさんが
いますが、私はまず犬がなぜそうしたか?を考えるべきだと思うんです。なんていうか、
躾にしても頭ごなしに叱るのじゃなく、「犬の気持ち」を推測してあげることが大事だって思います。

これからも素人がどこまでフルコートにできるか見ててくださいネ☆(^^;)
  • 2010-11-27 08:54
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C2757] うのままさんへ

うのままさんもご覧になったのですね!そうそう、変な歩き方のジャーマンシェパード、
素人が見ても変な歩き方に見えましたもの。どうして審査員も上の人もおかしな美の方向に
行ってしまったのか・・・。

>イギリスで社会問題として扱われたので、クラフツのスポンサーもどんどん降り、
テレビでもBBCでは放送されず、マイナーな局に替わっていました。

さすがイギリス在住ですねうのままさん!これを知る事ができて本当に嬉しいです!!
国民はちゃんと正しい方に動いたのですね!(涙)

こうやってたくさんの人が知る事で人々の意識も変わって良い方向に向かう事が
できるのですよね。やはり知ることって大事ですね!

そうですね、フルコート=ドール みたいな考えの人もたくさんいると思います。
実際今の世の中、特に日本とか、犬=着飾って一緒にショッピング行くだけのアクセサリー
みたいな人も多いのかなぁと思います。
でもやっぱり、私はいつでも犬の気持ちを大事にしたいって思います☆

私もフルコートのジャクソンが思いっきり駆け回ってる姿が早くみたいです(*^^*)
  • 2010-11-27 09:08
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C2758] はじめまして・・・

はじめまして
ブログ村よりやってきました
我が家にもAndyがいるんですよ
シーズー親子で暮らしています
母親のルルが16歳・息子のラックとアンディが来年1月で14歳を迎えます
シニアライフを記録すべくブログを綴っています・・・良かったら遊びに来てくださいね。
シーズーらしいのか、遺伝なのか皮膚があまり良くありません。
トリミングもママちゃんカットなのでツルツルリンコです・・・シーズーらしくないけれど・・・
アメリカにお住まいなんですね・・・素敵で憧れます。

[C2760] ルルママさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます(*^^*)
ルルママさんちににもアンディ君がいるのですね♪
シーズーは皮膚が弱いコも多いみたいですよね。うちは今の所
目立って悪くはないですが、シニアになったら出てくるかもしれません。
シニアライフ、健康とか体調管理とか、とっても興味深いです。後でお邪魔しに行きますね(^^)

良かったらまた遊びに来てくださいね♪
  • 2010-11-28 08:37
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fluffyshihtzu.blog123.fc2.com/tb.php/344-be5df283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トリミングしながらショードッグについて考える。

 
今日はサンクスギビングディ。デビは昨日、今日だけお休みです。せっかく明日一緒にブラックフライデーに
行きたかったのに残念。。


さて、昨日のお話です。昨日はジャャクソンのトリミングをしました。
できるだけ伸ばしている為カットしたくなかったんだけど、やっぱり切りながら伸ばした方が綺麗にまとまる
よね。バックヤードでやろうと思ったけど、日差しが暑かったのでガラージに移動しました。



丁寧にブラッシングして、少し霧吹きで水をかけてまっすぐに伸ばしてから切ってみました。
アンディ・ロビンちゃんみたいにラフ切りじゃなくて、ジャクソンはピシッとそろえ切り。
結果はこんな感じです上からみると変わってないんだけど、

5930

↓ほ~ら体の毛はこんな風にそろえて切りました
シャンプー後じゃないからウネウネはあるけど、これでも以前よりはずーっと綺麗になりました

5931

カットをはじめる前、YouTubeでフルコートシーズーの動画を見ていたの。そしたら、トップノットの作り方
とかブラシしてる動画とか色々あって見てたんだけど、コメント欄を見て悲しくなりました。。。



コメントには、「かわいそうな犬」とか、「毛を引っ張るな、もっとやさしくやれ」とか、「こういう風に犬を
人形みたいに扱う(フルコート)人が大嫌い」とか。確かに、フルコートには賛否両論あるでしょう。
確かに、綺麗綺麗にして汚れるのを嫌い犬の自由を奪う人もいるでしょう。



でも、それでも私はジャクソンのコートを伸ばしてみたい。
だから、ジャクソンの犬としての楽しみ…泥んこになるのを気にせずお庭を駆け回らせないとか、
毛がぐしゃぐしゃになるからと言ってアンロビ達とプロレスごっこをさせないとかもしません。

ジャクソンの駆け回ってる姿も、アンロビと遊んでる時の顔も大好きだもの
それに、カットしないといけない状態になったら迷わずカットします。
ロングだから好きって訳じゃないもの


ロビンちゃんはこの前カットしたばかりだけ、どついでに足の裏と目・口の周りだけカット。
ロビンちゃんはトリミング時普段とは180度違ってすっごくおとなしくなります。
怖がってるともリラックスしてるとも違うような…じっとしてないといけないんだって思ってる感じ。

5936

アンディは顔と足裏と耳をカット。最近耳がアゴより少し短めがお気に入りです♪

5937

そんな事を考えながら…ショードッグについて考えました。ショードッグの犬達は幸せか?なんて…。
以前、NHKでイギリスのショードッグの犬達にまつわる特集の番組を見ました。そこでは、純血種を守るために、
ローデシアン・リッジバックという犬がリッジバック(背中の隆起の毛がラインになってる)のリッジバックが
なく生まれてしまったコは処分するというブリーダーがいました。このブリーダーはドッグショーに犬を
出しているブリーダー。だからこそ、そういう見た目・純血などにもっともこだわるタイプです。

5938

背中のリッジバックがないからといって、健康に異常があるわけじゃないそうです。ただ、人間が規定した
「正しいローデシアン・リッジバックの固体ではない」ってだけ。
そもそも、リッジバック自体が疾患に繋がる可能性の高いもの。詳しくはこちら、DogActuallyで。

さらに、医師にドッグショーの様子を見てもらった所、あるジャーマンシェパードは歩き方が普通じゃない
(ショー用の歩き方の為)など、その為骨格・体格まで昔とは違ったものになってきているなどの問題も指摘。

ドッグショーには先ほどのブリーダーのような考えの人もたくさんいて、さらには世界最大級のドッグショー、
クラフツ/Cruftsの責任者がそういったこともろもろを容認している(表では反対してはいるが)という事。
この番組を見てから、ドッグショーそのものに対する憧れが薄れました。。。


ただ、ドックショーに出ている犬全員が不幸かというとそうとは言い切れないし、愛されていっぱいお手入れ
されて健康なコだってたくさんいると思います。それに、今でも私はドッグショーで綺麗にお手入れされたコ
を可愛いって思うし。。。でも、華やかな裏側ではそれぞれの人間達の思いや、悲しいことになってしまった
犬達もいるんだと知りました。


リッジバックのように、犬種のスタンダードを守るために必要なこともあるでしょう。
でもその上で犠牲になる子達もたくさんいる。
私には直接何かをする事はできないけど、これもパピーミル同様知るということが大事なのかなとも思います。



昨日がサンクスギビングだと間違えてミートローフなんて作ってしまいました。

5939

今年はターキーもハムも焼かなかったので、せめてオーブン料理をと思ったんだけど一日早かったみたい(^^;)


ぽちっと一押しお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへにほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へにほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

コメント

[C2752] 初めまして

ブログ村からやって参りました。
現在、我が家のシーズーゆめが癌闘病中のため、ブログを記録代わりにつけています。

私はトリマーで、我が家にも2頭ショー用の子がおります。

人間が定めた規定のために犠牲になる子がいること、同じ世界にいてもよく考えさせられますが…

スタンダード(人間が定めた規定)がなければ、そもそもシーズー等の純血種は存在せず、今よりもっとでたらめな繁殖で、見た目だけではない、健康被害を被った子も増えていくのではないかと思います。

中にはスタンダードから外れてしまった子を、処分するブリーダーもいますが、それは昔の話になりつつある、と思います。

犬としての楽しみ…これは我が子を見て思うこと。
我が子は、順番争いをするほどお手入れが好きで、いろんな方にちやほやされる(笑)ショーが大好きです。
普段は体を作るため、広い場所で走って遊びもします。

私もこの世界に入るまで、ショードッグがかわいそうに見える時もありましたが、 我が子をみてるとそんな気持ちがなくなりました☆
初めてで、長文失礼しました<(_ _;)>

[C2753] tommyさんへ

初めまして、コメントありがとうございます(*^^*)
tommyさんちのゆめちゃんは癌闘病中なのですね。
病と闘うのは本当に大変ですよね…手術等で直るのでしょうか…
無事よくなりますように!

そうなんですよね、繁殖するのにある程度基準がないと、又新たな病気を
生み出したりどんどん別の特性がみられたりして、医療も追いつかないことと思います。
生き物の命を作り出す事、管理する事は難しいです。

tommyさんちのワンちゃん達もグルームが好きなんですね♪
うちもみんな大好きで、ジャクソンは順番が来るのを足元でジーっと待っています(^^)

ワンちゃん達、いっぱいお外で走り回れて幸せですね☆tommyさんが参加されてる
ドックショーもきっと良い場所なんだと思いますv-352

私ももっともっと犬の気持ちに耳を傾けて、毎日毎日を楽しく過ごさせてあげたいです(^^)
良かったら又遊びに来てくださいね♪
  • 2010-11-26 12:05
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C2754]

ブリーダーの世界って奥深いですよね(ドッグショーも)
彼らはスタンダードと言われる物を守って行かないといけないし(だけど、日本や北米の、例えば断尾や断耳でスタンダードを守るのはおかしいと思うんですけどね。整形手術ですもの。)
スタンダード云々、例えば遺伝疾患を持つ子の子孫を作らないとか犬達の健康を考えての事だと思うんですけど、ほとんどの単なるペットとしての愛犬家は差ほど見た目は気にしないと思うんですよね…。
だけどブリーダーにとって犬達の健康と美しさも第一でしょうから、普通の愛犬家とはまた違う思いでいるのだと思いますが、やはり「処分」は聞き捨てならないですよね…。
生まれてきた子供を、例えその子が売れなくとも一生犬舎で面倒を見る!と断言しているブリーダーさんとお付き合いしたいものです。。。

アンディママさんの考え方が好きです。ジャクソン君はママさんにグルーミングをしてもらっているからまずグルーミングでストレスを感じてはいないですよね。
そしてきれいになると皆が褒めてくれる=ジャクソン君も嬉しい。
だけど、「あーあーきれいな被毛がーぁ!」と言って泥んこ遊びとか、散歩とかレスリングを止めさせない⇒ここが素敵です。
ジャクソン君、きれいに被毛伸びてますね☆応援してまーす!私もロングコートのジャクソン君を見たいです!

[C2755]

きっと同じ番組だと思います、うのままも見ました。
綺麗の基準がかなりずれているんですよね。。。
健康のことを第一にきちんと繁殖しているブリーダーもいるのに、ショーで優勝するのは変な歩き方(骨格の悪い)の犬だったり。。。
イギリスで社会問題として扱われたので、クラフツのスポンサーもどんどん降り、テレビでもBBCでは放送されず、マイナーな局に替わっていました。

イメージがかなり落ちたので、現在、健康を重視したブリーダーからの犬をショーに出すようにしたり、ショーにも獣医さんを招きいれ、骨格などが異常な犬が
参加していないかチェックしたりして、イメージアップに努めているようです。

知ることって大切ですよね。
みんなが知れば、状況は改善されていくわけだから。

フルコートに賛否両論があるんですね。
思いっきり遊ばせてあげて、お手入れもしてあげていれば問題無しですよ!!

ショーに出ているようなカットで思いっきり遊んでいる姿って最高じゃないですか?!

[C2756] 鍋コ。さんへ

本当ですよね。ブリーダーの世界も、ドッグショーの世界も、ペット業界も。
どこにでも良い部分・悲しい部分とあって、人の考えも様々なんだと思います。
だから、彼らを全て否定するつもりもなく、又悪い部分には目を背けず知って行きたい・・・
そんな感じに思っています。

断尾や断耳はおかしいですよね。昔は必要があったかもしれない、けど今はまったく
必要ないならそんなことは即刻やめるべき。それこそもし「見た目が良い」だけの問題で
してるのなら、そんな悲しい思考の人間がいる事が私は悲しいです。

生まれた命を全て大切に扱うブリーダーさんも中にはたくさんいると思いますが、
やはりビジネスが絡むと厳しいこともあるのでしょう。。。だからと言って命を粗末に
していいわけではないですが、、、難しいです。

ありがとうございます!そう言っていただけるととても嬉しいです(*^^*)
ジャクソンは特にグルーミングが大好きで、私がブラシを持って床に座ると必ずひざの
上に乗ってきます♪

泥んこ遊びや散歩やレスリングをやめさせちゃったら、ジャクソンは何の為に生きてるの?
って感じです。よく、犬が悪いことした、壊した、かじったなんて怒るオーナーさんが
いますが、私はまず犬がなぜそうしたか?を考えるべきだと思うんです。なんていうか、
躾にしても頭ごなしに叱るのじゃなく、「犬の気持ち」を推測してあげることが大事だって思います。

これからも素人がどこまでフルコートにできるか見ててくださいネ☆(^^;)
  • 2010-11-27 08:54
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C2757] うのままさんへ

うのままさんもご覧になったのですね!そうそう、変な歩き方のジャーマンシェパード、
素人が見ても変な歩き方に見えましたもの。どうして審査員も上の人もおかしな美の方向に
行ってしまったのか・・・。

>イギリスで社会問題として扱われたので、クラフツのスポンサーもどんどん降り、
テレビでもBBCでは放送されず、マイナーな局に替わっていました。

さすがイギリス在住ですねうのままさん!これを知る事ができて本当に嬉しいです!!
国民はちゃんと正しい方に動いたのですね!(涙)

こうやってたくさんの人が知る事で人々の意識も変わって良い方向に向かう事が
できるのですよね。やはり知ることって大事ですね!

そうですね、フルコート=ドール みたいな考えの人もたくさんいると思います。
実際今の世の中、特に日本とか、犬=着飾って一緒にショッピング行くだけのアクセサリー
みたいな人も多いのかなぁと思います。
でもやっぱり、私はいつでも犬の気持ちを大事にしたいって思います☆

私もフルコートのジャクソンが思いっきり駆け回ってる姿が早くみたいです(*^^*)
  • 2010-11-27 09:08
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

[C2758] はじめまして・・・

はじめまして
ブログ村よりやってきました
我が家にもAndyがいるんですよ
シーズー親子で暮らしています
母親のルルが16歳・息子のラックとアンディが来年1月で14歳を迎えます
シニアライフを記録すべくブログを綴っています・・・良かったら遊びに来てくださいね。
シーズーらしいのか、遺伝なのか皮膚があまり良くありません。
トリミングもママちゃんカットなのでツルツルリンコです・・・シーズーらしくないけれど・・・
アメリカにお住まいなんですね・・・素敵で憧れます。

[C2760] ルルママさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます(*^^*)
ルルママさんちににもアンディ君がいるのですね♪
シーズーは皮膚が弱いコも多いみたいですよね。うちは今の所
目立って悪くはないですが、シニアになったら出てくるかもしれません。
シニアライフ、健康とか体調管理とか、とっても興味深いです。後でお邪魔しに行きますね(^^)

良かったらまた遊びに来てくださいね♪
  • 2010-11-28 08:37
  • アンディママ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fluffyshihtzu.blog123.fc2.com/tb.php/344-be5df283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

       

Appendix

プロフィール

アンディママ

Author:アンディママ
シーズー3ワン(アンディ、ジャクソン、ロビン)に私と夫・デビの2人と3匹家族です。

アンディ: オス 2008/1/6
おとなしい・頑固・なでなで好き・アウトドア派・人好き・犬好き・ジャクソン&ロビン想い

ジャクソン: オス 2008/11/15
無邪気・子供っぽい・食いしん坊・フリスビー大好き・インドア派・人大好き

ロビン: メス 2010/6/26
ジャンプ好き・フェッチが得意・超食いしん坊・怖がり・アウトドア派・犬&人が苦手・アンジャク大好き

デビパパ:
読書・ゲーム・水泳・スキューバダイビングをこよなく愛すバハマ育ちのアメリカ人。

ママ:
写真撮影・インテリア・旅行・料理・動物が大好き。アンディの涙焼け対策の為2009年より手作りフードを作っています。
2010年から、自宅スタジオなどでポートレート撮影の活動をしています。

写真関係

2011年Green Dogさん写真展で社長賞をいただきました♪

我が家の3ワンズ




カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。